競売代行

ホーム > 競売代行 [ 不動産競売代行について ]

不動産競売代行について

競売物件とは

債務を返済できなくなった方の所有する不動産(土地・建物)または債務者が担保としている不動産が差し押さえられ、裁判所が売却する物件です。

競売物件のメリット・デメリット

競売物件でどのようなメリット・デメリットがあるのか、簡単にご説明いたします。

メリット

  • 一般に販売されている市場価格(相場)よりも割安で購入できる場合が多い。
  • 売物件があまり出ない地域に物件が出る場合も多い。
  • 所有権移転や抵当権抹消も裁判所が行なうので安心。

デメリット

  • 建物の室内を見ることができず、どのような状態なのか確認ができません。裁判所の書類等でしか判断できず、どれくらいのリフォームが必要か?そのことも入札価格に大きな影響をもたらします。入札価格の設定も難しくなってきます。
  • 競争物件は告示されて入札まで期間が短く、調査するのにあまり時間がありません。
  • 裁判所への手続きは自分でやるのが原則です。面倒な手続きがたくさんあります。書類漏れ等があると何度も裁判所へ行かなければなりません。手間も時間もかかります。
  • 落札後、建物に占有者がいる場合は自分で明渡し交渉を行なわなければいけません。明渡しにも時間と労力がかなり必要となってきます。
  • 購入後のアフターフォロー(保証)はありません。たとえば落札しても前面道路が使用できない場合や建替えの許可が降りない場合もあります。

不動産競売代行業務とは?

競売物件にはいろんな問題がつきものです。安心して競売物件を獲得するために私たち専門スタッフがお手伝い致します。

  • 後々トラブルのないようにしっかりとした事前調査が必要となります。
    例えば、占有者がどういう方なのか、建替えは可能か、道路は使用できるのか、近隣とトラブルはないか、事件・事故の有無など細かい調査が必要です。
  • 入札価格の設定アドバイス。(売買事例)(賃貸事例)の情報提供。
  • 手続きに必要な書類等の適格なアドバイス。
  • 占有者との明渡し交渉。

《明け渡し交渉のみ》など部分的なご相談もOKです!

競売代行だけではなく、「個人で競売物件を落札したけど、占有者との交渉が難しそう」など、あなたの悩みを、ジョウゲン開発が代わってお引き受け致します。
どんな内容でもよいので、ぜひご相談下さいませ。